三和精機株式会社|工作機械|切削工具|精密測定機器|岡山県岡山市・津山市

 

新製品情報

 
 
タンガロイ 鋼の中切削旋削加工用 新チップブレーカAM形 [新発売]

2015/07/08(水) 
 
     新発売     
 
 
鋼の中切削旋削加工用 新チップブレーカ
 
AM形 登場!
 
高速、高送り加工での長寿命化を実現
 
 
 
  こんなお客様 におすすめです!!!
 
    鋼の旋削加工で、クレータ損傷(※)による寿命低下が問題
 
    高速加工で能率を上げたいが、寿命を下げたくない
 
    送りを上げるとクレータ損傷が激しく、切りくず処理が極端に変化する
 
    寿命近くになると、切りくずが伸びて加工面を傷づける
 
  ※切れ刃の損傷形態は、「逃げ面損傷」と「すくい面損傷」に大別されますが、すくい面上に発生するクレータ状の摩耗を特に「クレータ損傷」と呼びます。
  
 
 
[ 主な特長 ] 
 
鋼の高能率加工に最適な中切削領域用汎用チップブレーカ
 
独自の“リフトリッジ形状”により、クレータ損傷を抑え長寿命化を実現
 
高速加工、高送り加工でも、安定した寿命性能を発揮
 
最適なチップブレーカ幅と独自の突起形状で、スムーズな切りくず処理を実現
 
切れ刃のインクリネーションが切削抵抗を低減
    

 
[ 主な形番 ]  
 
CNMG120408-AM T9115 
DNMG150408-AM T9115 
DNMG150612-AM T9125 
TNMG160412-AM T9115 
WNMG080416-AM T9125 
       全28アイテム
 

 
 
  AMチップブレーカが適応している中切削領域では、高送り加工、もしくは高速加工による能率向上が常に求められています。しかしながらこれらの高能率加工では、すくい面に発生するクレータ損傷によって工具寿命が低下したり、切りくず処理性が悪くなる等の問題が生じる場合があります。
 
  AMチップブレーカは、独自に開発した「リフトリッジ形状」によって、インサートすくい面と切りくずとの接触面積を低減し、擦過による発熱を抑えることで、クレータ損傷を抑制し、高速加工、高送り加工でも安定した長寿命を実現します。また、切れ刃のインクリネーションが切削抵抗を低減し、同時に最適なチップブレーカ幅と独自の突起形状によって、幅広い切削条件域でスムーズな切りくず処理性能を発揮します。
qrcode.png
http://sanwaseiki-ltd.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<三和精機株式会社>> 〒700-0927 岡山県岡山市北区西古松1丁目34番10号 TEL:086-241-1295 FAX:086-241-1001