三和精機株式会社|工作機械|切削工具|精密測定機器|岡山県岡山市・津山市

 

新製品情報

 
 
タンガロイ FixRMill [シリーズ拡充]

2014/08/20(水)
 
フィックスアールミル
FixRMill
(丸駒インサートタイプのラジアスカッタ)
 

 
     ライン/シリーズ拡充     
 
複雑形状の曲面加工に最適な
 
FixRMillシリーズに
 
インサート                       RPMT10形
 
ボディ   ボアタイプ           TRP10形
            シャンクタイプ     ERP10形
            モジュラータイプ  HRP10形
が加わりました!
 
 
  こんなお客様 におすすめです!!
 
   タービンブレードの翼面を加工している
 
  ☑ 5軸のマシニングセンタで、複雑な金型を加工している
 
   ラジアスカッタを使っているが、突発的に破損したり、途中でインサートが緩んでしまう
 
  ☑ 加工物の大きさはさまざまだが、工具は最適な突出し長さを選びたい
 
 
 
[ 主な特長 ] 
●複雑形状部品の荒加工に最適なラジアスカッタシリーズ 
 
●独自のインサート回転防止機構によって、締付けねじの緩みを防止 
 
●従来のRPMT12形・16形に加えコーナ半径=5mmのRPMT10形インサートを拡充 
 
●一般的なボアタイプ、シャンクタイプカッタボディに加え、モジュラタイプのHRP形カッタヘッドを設定 
 
●TungFlexホルダシリーズとの組み合わせで、最適な突出し長さの設定が可能
 

 
[ 主な形番 ] 
●ボディ: 
   TRP10R040M16.0E05 
   ERP10R032M32.0-04 
   HRP10R020MM10-02
    全追加アイテム:9形番
 
●インサート: 
   RPMT10T3EN-MJ  AH4035
    全追加アイテム:6形番
 

 
  複雑形状部品を5軸加工機や複合加工機で加工する場合、切込みが変動しやすいので、丸駒インサートを使用するラジアスカッタが適しています。
  タンガロイのラジアスカッタFixRMillは、既に2種類のインサートサイズRPMT12形(コーナ半径 = 6 mm)、RPMT16形(コーナ半径 = 8 mm)のシリーズを発売していますが、今回、コーナ半径 = 5 mmのRPMT10形インサートと、それに適合するカッタボディを拡充しました。
 
  また今回の拡充にあたって、モジュラタイプのHRP形カッタヘッドシリーズを追加しています。HRP形カッタヘッドは、幅広いバリエーションを誇るTungFlex(タングフレックス)ホルダシリーズと組み合わせることで、さまざまな突出し長さを選択できます。
  これによって、様々な大きさ、形状の加工物において、最適な工具長、加工条件の設定が可能となります。
qrcode.png
http://sanwaseiki-ltd.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<三和精機株式会社>> 〒700-0927 岡山県岡山市北区西古松1丁目34番10号 TEL:086-241-1295 FAX:086-241-1001